未分類

【断言】アフィリエイトで稼げないは嘘です。誰でも稼ぐ方法を解説します

0

最近話題のアフィリエイト。興味をお持ちの方も多いでしょう。しかし、それと同時に「アフィリエイトって稼げないのかな?」、「稼ぐためにはどうすればいいのかな?」とお悩みではありませんか。

そこで今回は、アフィリエイトで稼げない理由を詳しく解説していきます。

この記事の内容

  • アフィリエイトは稼げないといわれている理由
  • アフィリエイトで稼げない人の特徴
  • アフィリエイトで稼ぐ方法

 

アフィリエイトは稼げないといわれる理由

主に2つあります。

 

  • 競争者が多い
  • 規制が強化されている

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

競争者が多い

まず、競争者が多いということが挙げられます。

つい数年前まではアフィリエイトをしている人は少なかったのですが、ここ数年で一気に参入者が増えました。また、個人だけではなく、企業もアフィリエイトに参入してきています。

そのため、現在は競争相手がとても多く、稼ぐハードルは上がってきています。

 

規制が強化されている

アフィリエイトも含め、ネット広告の規制は年々厳しくなっています。少し例を出してみましょう。

 

  • サードパーティークッキーの廃止
  • 過度な効果を宣伝する広告への罰則強化
  • ネットでの個人情報の保護

 

この様に、アフィリエイト広告への規制は年々強まっており、ビジネスモデルとして成り立つかも怪しくなっています。

 

とはいえ稼ぐことは可能

正直、何百万と稼ぎだすのは難しいですが、まだまだ稼ぐ余地は残されています。しっかりと技術を磨き、広告規制への対策を行えば、月20万円くらい余裕です。

実際に、TwitterやGoogleで検索すれば「2021年にアフィリエイトを始めて稼げました!」という人がゴロゴロ出てくるはず。

なお、この記事の執筆者も月4~5万円ほどの収入を得ています。

 

アフィリエイトで稼げない人の特徴

では、次に稼げない人の特徴を整理してみます。特徴は以下です。

 

  • 記事の質が低い
  • 広告への誘導法が間違っている
  • 記事数が不足している
  • キーワード選定を間違えている

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

記事の質が低い

まず、記事の質が低いことが挙げられます。具体的には、

 

  • Googleに評価されない
  • 読者目線の記事じゃない

 

の2つを満たしていることです。Googleに評価されないと上位表示できないですし、読者目線の記事じゃないとサイトから離脱します。そのため、稼げなくなってしますのです。

 

広告への誘導法が間違っている

こちらも稼げない人に多く見られるパターン。広告への誘導の仕方が間違っています。少しよくある例を挙げてみますね。

 

  • 記事の冒頭に広告を貼る
  • 1つの商品をゴリ押ししている
  • 記事と関係のない広告を貼る

 

こういう方法で広告に誘導しても読者はクリックしません。

皆さんにも想像してもらいたいのですが、上記のような状態で広告を見せられてもクリックしたくならないですよね。よって収益は発生しません。

 

記事数が不足している

次に記事数の不足も原因として考えられます。

やはり、アフィリエイトで月数万円稼ごうと思うと、数万PVはコンスタントに必要なわけでして、それを達成するには最低でも100記事は必要です。

稼げない人は、100記事も書いてないケースが多くみられます。

 

注意:上位表示されるのにも時間がかかる

少し補足ですが、webの記事ってすぐには上位表示されません。

期間の差はあるのですが、早くて1ケ月、遅くて半年ほどかかります。上位表示されない間は読者の目には触れませんのでご注意ください。

 

キーワード選定を間違えている

最後に、キーワード選定を間違えていることも原因です。少しわかりにくいので、こちらも例を出してみましょう。間違ったキーワード選定とは以下のようなものです。

 

  • 競合が多すぎるキーワード
  • そもそも稼げないキーワード

 

こういうキーワードで記事を書いていても、上位表示されず、されたとしてもコンバージョンにも結び付きません。

結果、収益が発生しないんです。

 

アフィリエイトで稼ぐための方法

上記を踏まえたうえで、以下の対策をしてみましょう。

 

  • 記事の質を高める
  • 広告へは正しく誘導する
  • 100記事~300記事は書く
  • 稼げるキーワードを選定する

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

記事の質を高める

まずは記事の質を高めましょう。

Googleに評価されやすく、読者目線の記事の執筆を心がけて下さい。では、具体的にどのようなことをすればいいのかを以下で見ていきます。

 

質の高い記事を書く方法

下記の3つを意識してみましょう

 

  • SEOに沿う
  • PREP法に沿った文章構成
  • 稼ぐことを目的としすぎない

 

それぞれ説明しますと、まずはSEOに沿った記事を書きましょう。SEOとは「Googleに評価されやすくすること」で、これに沿って執筆すれば記事が上位表示しやすくなります。

そして、次のPREP法に沿った文章構成ですが、こちらは「人に伝わる文章の型」のことです。具体的な型を示しますので、以下をご覧ください。

 

  • 主張
  • 理由
  • 具体例
  • 主張

 

具体例も合わせて見てみます。

 

  • 主張:日本はいい国だ
  • 理由:治安がいいから
  • 具体例:犯罪率は世界でトップクラスに低い
  • 主張:よって日本はいい国だ

 

論文なんかでこの型がよく使われるのですが、誰が読んでもスッと理解できる文章に仕上がります。

そして最後に、稼ぐことを目的としすぎないことも大事です。「アフィリエイトなのに矛盾してない?」と疑問を持たれるかもしれませんが、初心者が書く商品を売る目的の文章は面白みがなく、ハードルは高めです。また、継続して記事を書いていれば、自然と商品を売るための文章術も身に付きます。

ですので、最初から稼ぐことを目的としすぎないで書きましょう。

 

広告へは正しく誘導する

次に、広告へは正しく誘導するようにしましょう。

 

正しい広告への誘導法とは?

以下を守ればOKです。

 

  • ユーザーが価値を感じた時に訴求する

 

要は、「この商品ほしい」「このサービス使ってみたい」と思った段階で訴求するということです。こちらも例を出してみましょう。

 

  • アフィリエイトで成果を出す方法
  • 結論、「セールスライティング」を勉強すべき
  • セールスライティングとはものを売るための文章術
    →これを勉強すれば商品の売り方が分かる
  • セールスライティングで売り上げが倍増した例
    →具体例を紹介
  • ススメ:セールスライティングの勉強におすすめの本
    →ここで訴求

この様に、ユーザーの購買意欲が高まったときに広告に誘導すれば、自然とクリックしてもらえてコンバージョンに繋がります。

 

100記事~300記事は書く

次に、記事は100~300記事書きましょう。このくらいの記事数がないと、集客できませんので、まずは100~300記事を入れてみて下さい。

注意:思考停止で記事を書くのはアウト

記事の数も大事ですが、もちろん質も重要です。

いくら記事を書いても、SEOに沿っていなかったり、読者目線ではなかったりすると、収益は発生しません。

「質を担保して記事数を増やす」ことを意識してみて下さい。

 

稼げるキーワードを選定する

最後に、稼げるキーワードを選定しましょう。

 

稼げるキーワードとは?

以下が稼げるキーワードです。

 

  • 競合が少ない
  • コンバージョンにつなげやすい

 

競合が少ないと上位表示しやすく、コンバージョンに繋がりやすいものであれば、当然収益も増えます。なお、コンバージョンに繋がりやすいキーワードは以下のようなものです。

 

  • 〇〇 始め方
  • 〇〇 おすすめ
  • 〇〇 口コミ
  • 〇〇 レビュー

 

検索で訪れるユーザーの購買意欲がもとからありますので、商品やサービスへ誘導しやすいです。

 

まとめ:アフィリエイトで稼げないは嘘!今日から稼ぎましょう

以上が今回の内容でした。

アフィリエイトは稼げないといわれることが多いですが、しっかりと対策を行えばだれにでもチャンスがあります。月数万円くらいなら余裕です。ぜひ、この記事を参考にしつつ頑張ってみて下さい。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

オススメの記事

コメント

Comments are closed.

More in 未分類