アフィリエイトの今後はどうなるのか?→結論:先行きは不透明です

ネットビジネスでは有名なアフィリエイト。興味をお持ちの方や、実践中の方も多いでしょう。しかし、それと同時に「アフィリエイトって今後も稼げるのかな?」「今後も稼ぐためにはどうすればいいのかな」とお悩みではありませんか。

そこで、この記事ではアフィリエイトの今後について詳しく解説していきます。

 

この記事の内容

  • アフィリエイト広告の今後について
  • 今後もアフィリエイトで稼ぐ方法

 

アフィリエイトの今後がどうなるのかは謎

正直、はっきりした回答は出せません。

 

このままいけば市場は伸びていく

アフィリエイトはここ数年で一気に伸びてきております。少し以下のグラフをご覧ください。

※出展:矢野経済研究所・アフィリエイト市場に関する調査を実施(2020年)

 

広告費はきれいな右肩上がりです。

今後はより色んなものがインターネットに結びついいてきますし、生活に身近なものになってきます。利用者も増えるでしょう。

そのため、アフィリエイト広告は今後一層盛んになり、利益も発生しやすくなると思われます。

 

とはいえ競争率は高まっている

上記のように、アフィリエイトは年々伸びているため、それに伴い参入者も増えています。その影響を受けて、競争率は高まっているのが現状です。

数年前であれば、アフィリエイトをする人も少なかったので、上位表示は簡単でした。しかし現状はそうではありません。キーワードの取り合いのような状態になっており、企業も参入してきています。

そのため、上位表示をさせるには競合に勝る技術や知識が必要で、稼ぐハードルは年々上がっているのが現状です。

 

Googleのアップデートで崩壊する可能性もある

正直、これが一番の大問題なのですが、アフィリエイトはGoogleのアップデートで崩壊する可能性があります。様々なパターンがあるのですが、少し例を出してみます。

 

  • 個人サイトじゃ上位表示できない
  • 個人情報の追跡が追跡を停止
    →誰が商品やサービスを購入したかわからなくなるので、利益が発生しない
  • アフィリエイトサイトじゃ上位表示できない

 

もし、こういうアップデートが行われれば、アフィリエイトのビジネスモデルが成り立たなくなるので、稼げません。現段階でここまでのことは行われていませんが、上記に近づきつつあるのも事実です。

 

  • 企業サイトの方が強い
    →2017年のアップデートで個人サイトのパワーが弱まった
  • サードパーティークッキーの廃止
    →個人情報が追いにくくなっている

 

この様なことも行われておりますので、雲行きは怪しいです。

 

結論:アフィリエイトの今後は謎

上記の通り、アフィリエイトの今後は分からないのが現状です。今後も伸びる業界であることは予想されるので、うまく立ち回れればちゃんと稼げます。ただ、参入者の増加やGoogleのアップデートでビジネスモデルが崩壊する可能性も否定できません。そのため、先行きは不透明で将来性は謎なのです。

 

アフィリエイトで今後も稼ぐための方法

少し、対策を考えてみました。以下をすると効果的です。

 

  • とにかく良質な記事を書く
  • SEO以外からも集客する
  • 自作のコンテンツを販売する
  • 新興ジャンルに参入する

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

とにかく良質な記事を書く

これが本質的な部分ですが、まずは良質な記事を書きましょう。

Googleのアップデートは置いておきまして、いい内容の記事が書けていれば上位表示できます。そして、コンバージョンもしやすいです。

ですので、まずは良質な記事を書くことが何より大事になってきます。

 

いい内容の記事とは?

以下を抑えてみるといいでしょう。

 

  • 競合が出せていない内容を含む
  • オリジナリティーがある
  • SEOを抑えられている
  • 広告の訴求力が高い

 

要は、Googleに評価されやすく、読者目線の記事を書こうということです。これができる限り、十分に稼げますよ。

 

SEO以外からも集客する

SEO以外からの集客する必要があります。

上記で参入者が多くなっていると書きましたが、あれはSEO集客の話でして、それ以外はガラガラでです。そのため、SEO以外からも読者の読者の獲得も実践してみましょう。

より安定的に、より多くの人がサイトに訪れ、利益も伸ばしやすいです。

 

SEO以外からの集客方法

以下を実践してみるといいですよ。

 

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram

 

この辺りの、SNS系からサイトに誘導できれば、競争を避けつつ読者を増やせます。

アフィリエイターでSNSをしっかり運用できている人は少ないですので、チャンスです。

 

自作のコンテンツを販売する

次は、自作のコンテンツの販売もしてみましょう。自作のコンテンツとは、例えば以下のようなものです。

 

  • 電子書籍
  • 有料note

 

こういった商品を販売できると利益はぐんと伸ばせますし、Googleのアップデートの影響も回避できます。

まず、利益に関してですが、アフィリエイト広告よりも収益性は高くなります。例えば、物販なら10000円の商品を売っても100~500円程度しか入りませんし、サービス紹介でも1000円くらいが相場です。しかし、自分の商品なら2000円のものを売れば、2000円全部もらえるわけでして、圧倒的に稼ぎやすいです。

また、この方法であれば、Googleのアップデートでアフィリエイトが成り立たなくなっても、稼ぎ続けられますよね。

この様に、自作のコンテンツの販売も今後も稼ぐためには、有効な手段です。

新興ジャンルに参入する

最後に、新興ジャンルにも参入してみましょう。新しいジャンルなら競争相手が少なく、今後は伸びることが予想されます。

例えば、2010年から「YouTubeの集客法」というテーマでサイトを作っていたらどうでしょうか。その当時は競争相手も少ないですし、現在は盛り上がっているジャンルですよね。

こういうジャンルに波乗りできれば、かなり稼ぎやすいと思います。

 

おすすめの新興ジャンル

以下のジャンルがおすすめです。

 

  • 環境関連(人口肉、電気自動車、エコ系)
  • IoT関連(自動運転、スマートスピーカー、VR)

 

この辺のジャンルなら参入者も少なく、伸びも期待できるので、勝ち目は十分にあります。

なお、そのほかのジャンルも探せばたくさんありますよ。

 

まとめ:アフィリエイトの今後は謎だけどまだ稼げる!

以上が今回の内容でした。

アフィリエイトの先行きは不透明ですが、やり方次第ではまだまだ稼げます。この記事を参考にしつつ、アフィリエイトに挑戦してみて下さい。

数万なら余裕で稼げますし、頑張れば20万円も射程圏内です。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。